中小企業の節税対策に強い税理士と無料相談お薦めの会計事務所を紹介

MENU

中小企業の節税対策に強い税理士に相談が無料で出来ます

自分達中小企業の味方になってくれる、節税の提案などをしてくれる税理士はいないのか!?

節税税理士千葉おすすめ

 

税務署の言いなり(それ以上)に、経費について厳しくて、全然節税になる良いアドバイスしてくれない、しかも顧問料も結構取られる!

 

などと不満をお持ちではありませんか?

 

 

多くの中小企業の経営者、個人事業の方は、税や経理に関する詳しい知識を持っていないので、税理士の先生に言われるままに
経費処理や決算処理をしてしまいますが、

 

税理士の先生や事務所によって、その節税効果は全く違います。

 

 

何も違法なことをして、節税や脱税してくれ! と言ってる訳では無いにもかかわらず、節税の効果が得られる正攻法さえも全く教えてくれず、
それでいて、税務署の調査があった時には、税務署の言いなりになり、きちんと税理士先生の言う通りに処理したのに、重加算税がとられてしまう
ということが多く発生しています。

 

 

税理士事務所をハローワークや市役所などで紹介された場合、特に比較などされないで、その税理士先生に依頼するケースが多いのですが、
市役所などに登録している税理士は、正直、当サイトではお薦めしておりません。
節税効果は期待しないで下さい。

 

税理士事務所としては市役所は無料で登録できるので、利用しているだけで、中小企業の経営者に対して節税の提案をするなどの営業努力などはしていないケースが多いからです。

 

市役所の紹介だから、安心! と思っていたら大きな勘違いです。

 

 

節税対策を教えてくれる税理士を比較して選ぶ

 

当然のことですが、皆さんは例えば高額の商品(車、家、家電、家具など)を購入する時、色々なメーカー、商品を比較されますよね?

 

やはり、安くて質が良く、自分に適したものを購入するには比較することが必要になります。

 

それと同じで、税理士も依頼する又は顧問契約するには、
比較することが絶対に必要なのです。

 

 

でも、色々な税理士に会って話すのが面倒だからな。。。。

 

と思う方も多くいると思いますが、中小企業の味方で節税アドバイスもしてくれる自分にあった税理士を探すには、比較することが絶対に必要です。

 

 

そこで、今では保険などと同じ様に、全くの第3者が公平な立場で、あなたにあった税理士を複数紹介してくれるシステムがあります。
利用は簡単でアンケート内容に登録するだけで、

 

希望の税理士を複数紹介してくれます。記入も一回だけなので、他の税理士に会う時に再度記入する必要もありません。

 

役所と違い、あくまで中小企業・個人事業の経営者の味方になってくれる、料金的にも市場に適した提案をしてくれる税理士を紹介してくれます。

 

*決して高くありませんので安心して下さい。 
実は私は塗装業(ペンキ屋)を経営しておりましたが、20年間付き合いがあった税理士さんが余りにいい加減で、節税アドバイスどころか、計算ミスや
仕分けを間違ったりした為に、多くの損失をしてしまいました。

 

新しい税理士さんに話したら、”殆ど悪徳税理士ですね”と言われました。

 

 

税理士を変えるのが面倒なのは分かります。でも、それも一時のことで、今ではこの様なシステムを使えば簡単に紹介もしてくれますし、
過去の決算書を見せて、何が希望なのかを伝えれば、色々な提案をしてくれます。

 

 

まずは無料相談に登録してみましょう!

 

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント

 

 

中小企業・自営業の節税対策

 

中小企業の節税対策

中小企業・自営業者では会社員に比べて、徴収される税金の納入において様々な部分で優遇されています。

 

個人事業者は税金などの方面で好遇であると普通には言われています。

 

でも、中小企業・自営業者は節税対応を充分活用しない限り、勤め人と比べて納税においてメリットが出てきません

 

重要! 中小企業の節税対策

 

<所得の考案>

 

サラリーマンは事業所が月給を細部まで情報があるので、所得隠しをすることは、筋が通りませんが、中小企業・自営業の時はどうでしょうか?税金逃れで所得を隠そうとすれば、所得を減額することが可能ですが、そういうことまでして稼ぎを減らしをしている人は一握りに過ぎません。

 

言うまでもなく、税務調査をすれば、合ってないことが、さまざまつっこまれ、所得隠しが暴露されニュースにならないとも限りません。

 

また、今の時代は、売り上げのほとんどは銀行の口座に入金されますので、所得の偽装工作はむずかしいのです。

 

経費で節税

 

中小企業・自営業の折の色々な費用は、現実に事業に使った分しか必要経費に一緒に計算されません。経費で節税を図るには色々考える必要性があります。

 

重ねて、どの程度まで経費に加えていいのかどうか、明白に理解できていないので、経費として計上すれば節税の対象となるのに、始末に負えず利益としてしまっていることがあるのです。

 

一例として、事務所の経費として、家の賃貸料、電気、ガスなどの光熱費、電話などの通信費等は経費となりますので、中小企業・自営業の方で自分の家で仕事をしている場合も、仕事をしている部屋や、そこの部分は事務所としてその賃貸料や電気、ガスなどの光熱費などを計算して出すことが出来ます。

 

中小企業・自営業の方が終日仕事でいる時間がそのあたりに長時間であれば、光熱費の多くは商売で使われているはずです。

 

重ねて、中小企業・自営業の方の使い捨てなどの消耗品費などは、コピー用紙、インク代、パソコン関連消耗費、通信費等も経費となります。什器備品になるのは、機材として購入している、パソコン、周辺機器、ソフト代、などもろもろ含まれます。

 

中小企業・自営業の方のタクシー代などの交通費としては、移動に必要な交通費すべてが入りますので、電車、バス、タクシー、などが含まれますので節税になります。交際費としては、接待費などがふくまれますので、雑多な行動に伴う費用が経費として算出できないかよく考える必然的になります。

 

評判*中小企業の節税対策

 

退職金で節税対策

 

中小企業・自営業者は退職に際して支給される手当を必須の経費とすることも拒否されるため、税制上優遇を受けられないのですが、「小規模企業共済」を役立てることで、退職金と同じ考え方で節税を実施する事ができます。

 

中小企業・自営業の方にとって、それの良い所としては、掛金を払う時に節税が出来るということと、フリーランスを止めたり、自分の子供に自業を譲渡する際に、共済金を退職の際に支給してもらう時にも節税効果を取得できます。

 

掛金を払い込む時には全部が所得控除の対象です。一方、共済金をまとめて受け取る場合には退職所得扱いになり節税効果が可能です。なお、分けて得る場合には公的年金等の雑所得扱いとなり、頂くときも退職所得控除などの特長があります。

 

しかしながら、こういった小規模企業共済のメリットを活かすには20年以上の継続が必要となりますので、中小企業・自営業の方は長期的視点での節税対策として心づもりをする事が必須になります。

 

中小企業、中小企業・自営業などにおける節税対策は取引に携わる既存の税理士さんに要望するのが一番ですが、税理士によっては税務署側の提案しかしなかったり、辛いことばかりで節税の方法を教示してくれない方も沢山います。

 

また費用も相場より高く請求する税理士事務所もなかにはあるので、中小企業・自営業の方の節税の対応や相談は色々な税理士に相談にのってもらいましょう

 

備考>中小企業の節税対策

 

節税アドバイスをしてくれる良い税理士の見分け方

 

中小企業の節税対策

中小企業の経営者としては経理と財務の適正な処理を行うことはとても手間のかかることになります。

 

中小企業の経営者で、自分でできない時や節税対策をしなければならない時は税理士に相談するのが一番手堅いやり方です。

 

でも、中小企業の経営者の方がいざ探そうと思っても税理士事務所はその数は多く、料金もバラバラで迷ってしまうかもしれません。

 

また、個人や中小企業の経営を改善するために対策をしてくれるわけでもなくただ税務署に言われている形だけのことしかやらない税理士も沢山います。というわけで、ここでは実際に中小企業の経営者の方が税理士を決めるときに注意すべきことは何なのか、中小企業の経営者の方が着目するべきことがらについてご紹介していこうと思います。

 

宣伝:中小企業の節税対策

 

<大切なポイントとなる点>

 

税理士は企業における経理的な処理にとどまらず、経営そのものをさらにスムーズに行うことができるように助けてもらううえで大変頼りになる存在です。中小企業の税理士を見つける際に、一番大切なポイントといえるのは、中小企業の経営者の方が自分と相性があうかどうかということです。

 

専門家に対して当然期待する程度の知識は大切なことですが、同じ目標に向かうためのビジネスのパートナーとしてあとで問題が起きないようお互いの信頼関係を築くことは大切なことです。新たに顧問の税理士を決める際、中小企業の経営者の方は絶対直接会計事務所に出向き実際に会ってみた方がよいでしょう。

 

そして、次に大切な点は、中小企業の経営者に分かりやすくまた、きちんと説明してくれるかどうか、という点です。経理は大変専門的な知識が必要とされるため、中小企業の経営者のなかには、節税や経理に関することはあまり詳しい事は知らないという人も多いように思います。

 

どんな場合でも相手のことを初心者であるように、中小企業の経営者に基本から丁寧に説明する税理士が安心です。そしてコミュニケーションを迅速にとれること、税務署のいいなりになるのでなく経営者側の立場に立って理解してくれて、積極的に節税案を出してくれる税理士かどうかも選ぶポイントとしてとても大切です。

 

税理士を費用だけで考えて判断すると失敗します。中小企業の場合はとりわけいえることですが依頼する税理士の質によっては経営にも大きく影響してしまうことですから。

 

リンク=中小企業の節税対策

 

<どうやって探したらいいのか?>

 

中小企業の経営者が節税に強い中小企業の味方になってくれる税理士を見つける場合、同じ中小企業の経営者のよしみで新しく紹介される時も多いことでしょう。そして仕事の上で取引している銀行員や保険の会社からも税理士の紹介してもらえる時もあるので、実際に見つけようとすれば、その方法は沢山あるものです。

 

しかしながら中小企業の経営者が紹介してもらう場合の注意ですが、他の誰かとは相性が良いからといって必ずしも中小企業の経営者の方の自分の会社にとって得となる税理士ではない場合もあります。

 

さらに中小企業の経営者が知り合いなどに紹介を受けて契約に至った場合には、満足できない際に紹介者に悪いと感じて断りづらいということも大いに気になりますね。そこでぜひ利用して役立ててほしいのがインターネットの税理士無料紹介サイトです。

 

全国多くの税理士を無料で紹介しているサイトがあり、節税に強い税理士、相続税に強い税理士、不動産に強い税理士など、それぞれの得意分野を持った税理士を紹介してくれます。第三者が仲介することで自分の望みをちゃんと考慮してくれそうな比較的容易にふさわしい税理士を見つけられます。

 

中小企業の経営者が直接自分で探そうとすると税理士に聞くのを躊躇してしまうような質問もあるように思いますが、紹介サイトからの問い合わせであればどのような節税をしたいのかなどいろいろな希望を伝える事は可能ですし、多くの税理士から選んで決められることもメリットです。

 

下記当サイトが利用してほしいと思う税理士をピックアップして紹介しているサイトです。また、中小企業にとっての大いに頼ることのできる見方となる評価の高い税理士事務所もいくつかとりあげて紹介していきたいと思いますので、中小企業の経営者の方には一回コンタクトを取り相談することをお勧めしたいと思います。

 

参考: 中小企業の節税対策

 

税理士に相談すべきことは事前に準備しましょう

 

中小企業の経営者が税理士に相談すべきこと 

 

中小企業の節税対策

起業をして事業を始めると、中小企業の経営者はお役所との様々な場面で関わることが多くなります。

 

その中でも特に税務署とうまく付き合う方法については、心配に思っている中小企業の経営者も多いと思います。

 

こういう場面で、中小企業の経営者の頼りになる存在が税金の専門家である税理士ということになります。中小企業の経営者がどんな場合に税理士に相談すべきか、解説します。

 

おすすめ:中小企業の節税対策

 

税理士の主たる重要な仕事

 

・税理士とは、税理士の制度を定めている法律で定められた国家資格です。税に関する事務的な業務について行います。

 

主たる仕事は、代理として税金の申告や申請を行うこと、税務署に提出する書類の作成、税務の相談、また、税の不服審査手続き、税務調査の立会い、などです。

 

・税理士がさらに行政書士として登録を行えば行政書士としての仕事も行えるようになりますし、「租税債務の確定に必要な事務」の範囲内で社会保険労務士が行う業務にも対応できます。

 

上記は表上の業務で、良い税理士は節税のアドバイスをしてくれます

 

口コミ(中小企業の節税対策)

 

起業する時には支援を求めましょう

 

起業前

中小企業の節税対策

中小企業の経営者は事業計画の作成について的確なアドバイスを受けてください。

 

これから起業する自分の会社をどうするか、個人事業にするのか会社の方がよいのか、株式会社にするのがよいか合同会社にするのがよいかなど設立において、中小企業の経営者は重要なことを相談することができます。

 

加えて、中小企業の経営者は起業に必要な費用や、適正な金額の役員報酬とはどれ程なのかなどについて相談しましょう。仮に業務や形態が要件に合うなら補助金や助成金というものが国や地方自治体から給付される可能性もありますが、

 

その制度を利用できる事由があるのかも適切に判断して、申請に必要となる書類なども作ってもらえます。中小企業の経営者は会社設立の際は、できるだけ行政書士にも登録がなされている税理士に依頼する方がよいでしょう。そうすると、定款の作成することや管轄の公証人役場での手続きについても一緒にしてもらえるからです。

 

起業の初期 

 

・中小企業の経営者の事業が徐々に起動に乗ってくると、経費についても考える必要が生じてきます。経費については細かに要件があり、「どういう場合にどの程度まで経費として扱ってもらえるのか」について、判断が難しいということもあります。

 

どれ程の金額なら経費計上できるのか、中小企業の経営者は早い段階で税理士によく確認しておくことをお勧めします。そして、役員の報酬の金額により、最終的にどの位税額に影響してくるのかきちんと計算してくれます。

 

注意・ 中小企業の節税対策

 

起業した後も税理士を活用

 

・資産導入について資産についても詳細にルールがあります。資産によって“耐用年数”や“減価償却方法”などが違ってきますので、中小企業の経営者は判断がつきかねるときは遠慮しないで相談を持ちかけましょう。

 

資産によっては期限付きの特例処置が適用される時もあるので、中小企業の経営者の方で資産導入を考えている時は前もって相談するのがよいでしょう。

 

・決算について 税理士は、決算書とか税務申告書などの提出書類も作ってくれます。最近ではパソコンの会計ソフトを使って自分でやる中小企業の経営者もいますが、難しくて無理だと思ったら税理士に依頼した方がよいでしょう。

 

毎日の帳簿についてはそのたびに中小企業の経営者の方が自分で記入することにして、決算書と税務申告書の作成は税理士に頼む人もいます。 

 

・税理士は経理の専門家でもあります。ずっと営業職であったり技術を専門職としていても経理はサッパリだという中小企業の経営者は、常に経理についてどのようにして効率化できるかを税理士にぜひ相談してみることをお勧めします。

 

相続税対策の相談 

 

中小企業など、法人だけではなく、個人でも税理士を利用し相談しておけば良いことがあります。サラリーマンなど給与所得者が会社の所得以外に収入が入った場合の確定申告もそうですし、一番大きな影響が出てくるのが、相続税でしょう。

 

相続といえば弁護士に相談と思うでしょうが、相続税の節税対策についてなら税理士は特に様々な知識を持っているので思ってもみなかった節税の方法が発見できるので、中小企業の経営者の方は相談した方がよいでしょう。個人事業でも税理士に頼むことで節税アドバイスをしてくます

 

PR☆ 中小企業の節税対策

 

節税を望む中小企業の社長の声

 

早く節税のアドバイスをしてくれる税理士に依頼しておけば良かった!
・従業員が小数で仕分け作業も少ないので今までの税理士の半分以下の金額で対応してくれた
・節税のアドバイスをしてくれたおかげで数百万の節税メリットが生まれた

 

注目です! 中小企業の節税対策