中小企業の節税対策に強い税理士と無料相談お薦めの会計事務所を紹介

MENU

不動産贈与の注意点

 

不動産贈与の注意点

不動産贈与は口頭で当事者間が合意するだけで所有権の移動をすることは可能ですが、

 

不動産に関するトラブルは大変多い為に、通常は書面の契約書を作成します。

 

そのため不動産贈与は専門家に依頼して手続きをするのが一番安心です。

 

<不動産贈与とはなに?>

不動産贈与といえばまず思い浮かぶのが家族所有の不動産を贈与してもらうケースですよね。高齢の親が子供に財産を譲る目的で不動産贈与をすることが一般的です。これを生前贈与と呼んでいますが、贈与はどんな場合でも大変に高額の税金がかかりますよね。

 

不動産贈与の場合は、相続時精算課税という制度を使うことで、払いすぎた税金の還付をしてもらうことができます。特別控除額も決まっている為に、一定額以下の場合には贈与税がかからないという制度もあります。

 

しかし注意したいのは、不動産贈与の場合はそれだけでなく別の税金もかかる点です。登録免許税と不動産所得税という税金が固定資産税評価額に対してかかるのです。

 

このように不動産贈与をするには、税金の専門知識がないと高額な税金で将来的に苦しむ場合もあり、贈与する際には譲渡する方もされるほうも注意しないといけません。

 

費用をおさえて譲渡するには遺言書を作成して相続をするという方法もありますが、不動産贈与の場合は自分で手続きをするよりも税理士に依頼したほうが安心ですね。

 

<税理士に依頼する方法について>

不動産贈与の手続きを税理士に依頼する場合には、無料の紹介サイトを使うととても便利です。日本全国の税理士を探せますし、自分の希望に沿った税理士を見つけることができます。

 

さらに不動産贈与に関しては、公共機関で無料相談会を開催する場合もありますので、このような機会を利用して色々と勉強してみるのもよいでしょう。不動産贈与に関しては行政書士などでも無料で相談ができますので、不安な場合は専門家に依頼することがオススメです。

 

不動産贈与をする為に必要な書類は、贈与を受ける人の住民票、そして贈与する人の印鑑登録証明書、実印、登記識別情報、申請書などがあります。自分でできない場合には、司法書士などに代理で手続きをしてもらうこともできますので、その場合には委任状も必要になります。

 

大切な不動産を家族に譲渡する為に高額な税金は払いたくないですよね。そこで少しでも余分な税金を払わないためには、税理士に相談をして手続きすることがオススメです。知識量の豊富な方に依頼をして安心して不動産譲渡をおこなってくださいね。