MENU

小規模共済による節税効果メリットとデメリットを考える

約束手形や小切手の不渡り1回目2回目で倒産する?回避方法と対策

中小企業の経営者や個人事業主であれば、節税対策を検討することがあります。しかしうまく行わなければ貴重な資金を無駄遣いしてしまうことにもなります。

 

会社にとって最も大切なことは資金を無駄遣いせずに利益を出すことです。やはり利益がでなければ経営はなりたちません。利益をだして安定した経営を維持し続け従業員が生活できるようにしなければならないのです。

 

手持ちの資金がなくなると経営が成り立ちません。そのため資金を使ってまで節税をすることのないように利益を出しながら資金を見ていくことが大切です。

 

それには役員をはじめとする、従業員の生活ができるようにいくつか対策を行う方法があります。中小企業の場合は役員または共同経営者を対象に、退職後の生活の安定や事業の再建を図ることを目的とした資金を準備するために、小規模共済という制度があります。
これは経営者の退職金の共済制度といえます。

 

 

小規模共済の加入条件
商業、サービス業を営む場合

常時使用する従業員の人数が、5人以下の個人事業主または会社役員。

 

建設業、製造業、運輸業、農業などを営む場合

常時使用する従業員の人数が20人以下の個人事業主または会社の役員。

 

掛金については千円から7万円までの金額で500円ごとにかけることができ、月払い、半年払い、年払いといった3通りの方法があるのです。この小規模共済掛金については全額所得控除を受けることができるのです。

 

また共済金を一括で受け取る場合には退職所得扱いに、分割で受け取る場合には公的年金などの雑所得扱いとなり、受け取りについても退職所得控除などのメリットがあるのです。

 

ほかにもメリットはあり、共済金は個人事事業主や共同の経営者、小規模企業の役員のひとが事業をやめたときや退職したとき、配偶者や子供に事業譲渡をした時などにも受け取ることができるのです。共済金の受け取り方は一括、分割などがあり自分の老後を考えて選ぶことが出来るのです。

 

このように中小企業の役員や経営者の場合は、経営を維持していくためにも節税など行う必要がありますが、自分の退職金がないこともあるのです。

 

小規模共済は中小企業の役員や経営者などにも退職金を支給するという制度でもありうまく活用をすることです。そしてこの小規模共済への掛金や退職金として支給されたものも節税をすることができるので貯金のつもりでつみたてて、節税をするということができます。

 

 

小規模共済による節税効果

約束手形や小切手の不渡り1回目2回目で倒産する?回避方法と対策

小規模企業共済は、個人事業主や会社の役員などが廃業や退職をした場合に、共済金を受け取ることができる制度です。独立行政法人中小企業基盤整備機構により運営されています。

 

聞いたことはあるものの、詳しいことはよく知らないという方が多いのではないでしょうか。
内容について簡単にご紹介します。

 

 

1 小規模企業とは、どのくらいの規模か

業種によって、常時使用する従業員の数が5人以下、又は20人以下。

 

卸売業、小売業やサービス業(宿泊業や娯楽業を除く)、弁護士法人などは5人以下、それ以外は概ね20人以下となっています。従業員のいない、1人で事業を行う人も含みます。

 

 

2 掛金の月額はいくらか

月額1,000円から70,000円の間で、500円単位で選べます。状況に応じて、増額や減額などの変更もできます。

 

 

3 会社で加入できるのか、経費で落とせるか

会社の役員でも、会社ではなく個人で加入することになります。掛金は会社や個人事業の経費にはなりません。

 

 

4 共済金はいつ、どのように支給されるのか

契約者の役員退任や個人事業の廃業、会社の解散、または死亡などにより、本人または受取人に支給されます。60歳未満なら一括になりますが、60歳以上は共済金の額により年金、または一括と年金の併用が選択できます。

 

 

小規模企業共済の節税効果

約束手形や小切手の不渡り1回目2回目で倒産する?回避方法と対策

小規模企業共済は、よく節税対策として利用されますが、どのような節税効果があるのでしょうか。

 

小規模企業共済の掛金は、所得税の計算で所得控除として差し引くことができます。生命保険料控除のような限度額はなく、掛金の全額が控除されます。年末調整や確定申告をする際、月70,000円×12ヶ月なら840,000円所得が少なくなります

 

  • 共済金の受取時には、一括なら退職金として扱い、年金なら雑所得となります。
  • 退職所得は、税金の面でとても優遇されています。
  • その受取額から次の金額が控除されます。
  • 勤続年数20年以上なら、800万円+70万円×(勤続年数-20年)
  • 勤続年数20年未満なら、40万円×勤続年数
  • 控除後の金額の1/2が、退職所得の金額になります。
  • 雑所得は公的年金として扱われます。
  • 他の年金と併せて65歳未満なら70万円まで、
  • 65歳以上なら120万円まで非課税になる

 

など、年間の受取額によって控除額が決まっています。これらの活用により所得を少なくすることで、掛金の額に応じた節税効果が見込めます。

 

小規模企業共済は、平成28年4月の制度改正で以前よりも手軽に利用しやすくなっています。ただし、20年未満で解約すると元本割れするなど、思ったような効果が見込めない場合もあります。検討されるときは、一度税理士などに相談するのが安心でしょう。

 

 

小規模共済加入条件

中小企業の節税に役立つ小規模共済に加入できるのは、以下の条件を満たしている人です。

 

建設業・製造業・運輸業・サービス業(宿泊業もしくは娯楽業のみ)・不動産業・農業などの個人事業主もしくは役員の場合、従業員が20人以下であること。卸売業・小売業・サービス業(宿泊業および娯楽業以外)の個人事業主もしくは役員の場合、従業員が5人以下であること。

 

上記二つの例で個人事業主の場合、共同経営者も加入することができます。ただし、1人の個人事業主に対して2人までで、「経営上の重要な意思決定を行っている」「事業に出資している」「事業を行っていることに対して、報酬を貰っている」という要件を満たしている必要があります。また、経営に参画しているかということの確認のため、中小機構から文書が送付されます。

 

  • 企業組合の役員の場合は、組合員が20人以下であること。
  • 協業組合の役員の場合は、従業員が20人以下であること。
  • 農業組合法人の役員の場合は、従業員が20人以下であること。
  • 弁護士法人など士業法人の社員の場合は、従業員が5人以下であること。

 

上記でいうところの従業員には、親族・臨時に雇った人・共同経営者は算入しません。

 

 

小規模共済のメリット

小規模共済には、以下のようなメリットがあります。

 

一つ目は、「損金に算入できる」

法人であれば、掛金を役員報酬に上乗せすることができます。それは当然、損金扱いとなるので、中小企業の節税に使えます。

 

二つ目は、「個人の所得税が減らせる」

掛金を負担するのは経営者などの個人ですが、その金額は個人の所得から控除することができます。その分、個人の所得税を減らす効果があります。

 

三つ目は、「加入者のみの貸付制度を利用できる」

小規模共済には、「契約者貸付制度」という物があります。掛金とほぼ同額まで借りることができ、利率も低く(年0.9〜1.5%)、すぐに融資を受けることができます。

 

四つ目は、「共済金を受け取れる」。

共済金とは、いわゆる退職金のような物で、「共済金A」「共済金B」「準共済金」「解約手当金」の四つに分かれています。解約手当金以外は、3年以上加入していれば、掛金を上回る額を受け取れます。そして、受取方式には「一時金方式」と「年金方式」に分かれています。

 

一時金方式だと、「退職所得」となるので多額の控除が受けられますし、年金方式でも、「公的年金等控除」を受けられるので、いずれにしても所得税を減らすことができます。

 

 

小規模共済のデメリット

約束手形や小切手の不渡り1回目2回目で倒産する?回避方法と対策

日本には、様々な共済があります。個人事業主や中小企業に勤める人に人気がある共済もあります。

 

個人事業主や小規模法人の役員などが退職したり、事業を廃止したりした時に解約して、掛け金に応じた共済金を受け取ることができるのが、小規模企業共済です。

 

小規模企業共済は、起業したばかりの起業家にとってはメリットが多い制度です。

 

自社で退職金の制度を用意できない場合、小規模企業共済を退職金制度の代わりに利用しているケースも少なくありません。個人事業主は退職金がないので、小規模企業共済を上手に使っている人も多いです。

 

節税効果もあります。契約者貸付制度があるので、積み立てている金額の範囲内であれば、共済から資金を借りることもできます。

 

しかし、小規模企業共済にはデメリットもあります。

 

最大のデメリットと考えられているのが、元本割れのリスクです。このことは、公式ホームページにも明記されています。

 

共済に加入したものの、数年で解約してしまった場合は注意が必要です。積み立てている時は、節税することができますが、共済金を受け取る時には課税されます。共済金を受け取る場合、受け取った年に課税されます。

 

受け取った年に税負担が一気に増えるので、デメリットに感じる人も少なくありません。

 

 

小規模共済は赤字でも払い続けなくてはいけないの?

約束手形や小切手の不渡り1回目2回目で倒産する?回避方法と対策

小規模共済制度とは、小規模な個人事業主や中小企業の役員等が退職をしたり事業を廃止したりした場合に受け取ることができる共済制度のことを言います。

 

この制度は、経営者でも退職金を受け取ることができるように設けられており、独立行政法人中小企業基盤整備機構によって提供が行われています。

 

 

メリット

小規模共済には、最大120%相当額が返金されることや、無理の無い額で行えること、契約者貸付制度を利用することができるなどのメリットがあります。

 

中でも大きなものとしては節税があります。掛け金は全額経費として認められており、掛けた分だけ節税をすることができます。

 

掛け金

毎月1,000円から70,000円の間で、500円単位で行うことができ、月払いの他にも、半年払い、年払いを選ぶことができますが、赤字など、事業内容によっては掛け金の捻出ができない場合もあります。このような場合には、掛け金を見直すことができるようになっており、最低1,000円まで落とすことが可能となります。

 

小規模共済は、掛け金の納付日数に応じて法令で定められた額を受け取ることができるために、金額は別にして払い続けなければその分受給額は低くなります。また、12か月以上の掛け金未払いがあった場合には、契約解除が行われることになります。

 

 

小規模共済は個人事業主でも入れるの?

小規模共済は個人事業主でも入れるのかと疑問となりますが、節税対策として老後にもらえるお金を貯めていく仕組みとして個人事業主もそれを経費として計上しながら、そこは売り上げを積み立てる事が出来ます。

 

中小企業も節税対策を考えなければ、無駄な税金を支払う状況は変らず、こうした小規模共済などを活用している所は多い様です。

 

個人で経営を行ったり、中小企業などの規模で経営を行えばそこで上げた利益など直ぐに税金として取られる事となります。

 

税金対策としての節税は、色々な方法を使って行う事が出来ますが、小規模共済など国が認めている共済では、それこそ個人事業主であっても、

 

問題無く加入する事が出来て更に節税対策を講じる事が出来ます。

 

将来的に資金を増やせるメリットや、やはり中小企業など今後に置いても少しでも利益を保ちながら、経営を行う事として色々とこう言った仕組みを理解しながら、より良い節税対策を取る事が望まれます

 

小規模共済に置いては、個人事業主や中小企業など多くの企業がしっかりと節税として加入しながら、後に大きなお金を積み立ててより良い形でお金を残していく事など、色々と制度的にも有利な状況で加入出来る様です。

 

 

小規模共済加入以外の節税対策-税理士に相談しましょう

約束手形や小切手の不渡り1回目2回目で倒産する?回避方法と対策

中小企業にもいろいろな節税対策があります。節税ということに取り組んで処理をすることで収入の面でも大きく変わってくるのです。

 

経費の扱いや非課税にできることを知らないということだけで、税金として納めなければならなくなります。そうなるとせっかくの利益を税金として納めなければならなくなってしまうのです。

 

一般的に知られているものは経費扱いにできるものは経費として計上するといことです。例えば交際費など一定の金額までは交際費として経費にすることができるのです。

 

中小企業の場合は退職金の制度を整備出来ていないところも多く、役員や経営者として退職金を積み立てていないことがあります。やはり中小企業の役員であっても自分がいつまでも働くことができる保証はありません。

 

退職した時に初めて退職金がないことで今後の生活について悩んでしまうこともあります。この様な場合は小規模共済に加入するという方法があります。小規模共済はいわゆる退職金などの積立を行うことができる制度であり、これを利用することで退職時に退職金を受け取ることができるようになるのです。

 

小規模共済の掛け金は全額を経費とすることができるため掛けた分だけ非課税にすることができるということになり、節税にもなるのです。掛け金としても1000円から70000円の範囲で設定することができるので無理のない範囲で積み立てていくことができます。

 

他にも節税対策があります。企業として存続していくためにも利益を上げなければなりません。税金もやはり費用の一部として考えることになり、利益を上げるためにも税金をできるだけ少なくするということは必要なことになります。

 

これらは税理士に相談するべき内容であって、申告書や資金繰りにも大きく関わってくるものです。

 

もちろん利益があるということが前提となります。経営者として利益を上げるために最大限の努力をするということと、税金については税理士によく相談をするということです。

 

報酬ということでは、家族にも給料を支払うという方法はありますが、これらも所得税がかかってきます。生活にかかる費用を経費とする方法があり賃貸などの住居の費用もその仕方によっては課税されないようにする方法もあるのです。

 

他にも自動車なども会社名義とすると自動車に関連する費用は全額が会社の費用となります。他にも駐車場代やガソリン代などの費用についても節税するための方法があるのです。

 

中小企業の場合は税理士とともに経営を行うことがポイントになります。