中小企業の節税対策に強い税理士と無料相談お薦めの会計事務所を紹介

MENU

中小企業の資金繰り対策(相談相手)

 

中小企業の資金繰り対策

中小企業の経営で欠かせないのが資金繰り対策です。

 

資金繰りを間違ってしまうことは、経営を左右してまうほどとても大切ですよね。

 

そこで中小企業の資金繰りはどのような点に注意をしたらよいか、大切なポイントについてチェックしてみましょう。

 

<中小企業の資金繰りが悪化する原因>

中小企業資金繰りが悪化してしまうと自己破産になる場合もあります。順調にいっていた経営もある瞬間から急変してしまう場合もあり、中小企業においては資金繰りはとても大切なことなのです。

 

一例を挙げますと、親の事業を引き継いだことにより債務が一気に増えてしまい、資金繰りがうまくいかなくなり自己破産をしたという企業経営者もいます。自己破産をするにも色々と費用がかかりますので、どうにも出来なくて困ってしまう人も沢山いるようですね。

 

中小企業の資金繰りはあまり難しく考えてしまうととてもストレスになりますが、覚えておきたいポイントは収入から支出を引いた過不足額を調整するということなのです。この過不足額をマイナスにせずにプラスにすることで、企業としての収益アップになりますし、いつまでも不足が続いてしまうと経営破たんするリスクも高くなります。

 

中小企業では手形や小切手などを使って資金繰りする方も多いのですが、銀行の残高などをしっかり把握しておく事がまず必要になります。

 

<中小企業の資金繰り対策のポイント>

中小企業の資金繰りのポイントですが、まず大切な事は確実残高を常に把握しておく事です。上手な資金繰りには欠かせない点なのですが、ここでつまづいてしまう人が実に多いようですね。企業の収入となるのは、売り上げ、売掛金の入金、受取手形の決済による入金などがあります。

 

そこからマイナスされる支出に当たるものが通常の現金取引での支払、借入金の返済、税金の支払などがありますよね。資金繰りをしっかり把握するには、月表を一旦途中で管理することがポイントです。

 

その理由は収入や支出はそれぞれ毎月の日にちが異なります。そのため月締めまで不足があることに気がつかない場合もありますので、日々のお金の収支を把握しておく事が必要なのです。

 

細かい動きも計上しておくこと、そして毎日必ず資金の計上をすることなど、こまめな管理が資金繰りをスムーズにする一番大切なポイントですね。企業経営者の資金繰りを改善するセミナーなども無料で開催されていますので、公共機関などにも問い合わせてみるとよいでしょう。