MENU

税理士を変更したい、タイミングや必要な準備、変えたい時に断る理由

税理士を変更したい、タイミングや必要な準備、変えたい時に断る理由

節税においては、税理士さんが企業の命運を握ると言っても過言ではないかもしれません。

 

特に中小企業においてはその傾向が強くなります。なぜなら、税理士さんというのは立場上、企業のお金の動きをすべて知ることができるからです。

 

お金の動きをすべて知っているのですから企業の現在の状況を最も理解している人です。もしかすると社長よりも企業の状態を知っている可能性もあります。

 

 

大企業と中小企業

大企業の場合は経理部門という部署がありますので、税理士を企業内に抱えているようなものです。しかし、中小企業の場合はそのような余裕はありませんから税理士さんに依頼することになっているはずです。

 

ですから本来なら企業で抱えておかなければいけないような人を外部の人に依頼するのですから、税理士さんというのがどれほど大切な存在であるかわかろうというものです。

 

それほど重要な税理士ですので、もし納得できない部分があるときは勇気を出して変更することを考えるべきです。

 

 

理想的な税理士とは

企業というか経営者により求める税理士像というものがあります。例えば、節税のアドバイスを的確にくれる税理士さんとかもっと踏み込んで経営に関するアドバイスをくれる税理士さんなどです。

 

しかし、意外に多いのがこの経営のアドバイスで税理士さんと対立することです。

 

理由は、社長という立場にいるのですから経営に関して自分なりの主義主張を持っているのですから、簡単に税理士さんから経営のアドバイスを受けたくない部分があります。

 

俗な言い方をするならプライドですが、社長のプライドを尊重しつつ経営のアドバイスをしてくれる税理士さんが理想ですが、実はそうそういるものではありません。

 

また、二代目の社長によくあるのですが、先代から顧問になっている税理士さんなどはどうしても二代目を見下す気持ちが心の底にあるものです。小さなころか知っている二代目ですからどうしてもそのような目線になりがちです。

 

本当に優秀な税理士さんなら、相手が社長という立場になった瞬間からそのような見下すような目線など絶対に見せないものです。もしそのような素振りが少しでも見えたなら即座に変更するべきです。

 

どんな企業でも常に進歩・成長をしなければ生き残っていくことはできません。

 

税理士さんも同じです。常に新しい税務知識を身に着けていなければ有能な税理士とはいえません。ですから最新情報を教えてくれない税理士さんも変更すべきです。

 

しかし、中には会社のお金の動きをすべて知られていることで変更を躊躇することもあるのが社会というものです。ですが、長い目で見たときにマイナス面が大きいと感じたときは勇気を出して変更するのが有能な経営者といえます。

 

 

税理士を変更するのに良いタイミング

税理士を変更したい、タイミングや必要な準備、変えたい時に断る理由

中小企業の経営者が税理士の変更を考えるときのタイミングとして、一番考えるのが決算が終わった後にするかどうかだといわれています。

 

今契約している税理士で、決算を乗り切ってから思い切って変更してしまうか、それともその前に変更してしまうか迷っているという人が多いのです。

 

 

適切な変更の仕方

税理士は中小企業を経営する人にとって、最重要な経理と財務についての適切な処理についての知識を専門的に持っています。

 

この処理は経営者でもできないことはないですが、対応能力が不足していると考えられるときや、節税対策をしたいと考えているときなんかは税理士に相談するのがおすすめだといわれています。

 

税理士を選ぶときに考慮すべき点として押さえておかなくてはいけないのが、税理士との相性がいいかどうかということを事前に確認する必要があるということです。

 

十分な知識を持っている人に依頼するということは当たり前なのですが、今後会社を経営していくうえでビジネスパートナーともなる人たちですので、新しく探すというのであれば実際に会計事務所を訪ねて話してみるということが重要になってきます。

 

直接会うことに意味がないと思う人もいるかもしれませんが、直接会うことによって税理士のほうも会社の状況を詳しく知ることができますし、経営者と税理士との間に信頼関係を築くことでより迅速にコミュニケーションが取れ、円滑に経営を進めることができるとしています。

 

 

決算直前に決断する場合

もし決算の直前で決断するのであったら、解約するほうの税理士と一緒にやるほかないですが、もし時間があるのでしたら、新しい税理士を見つけたうえでその人と決算に臨むほうがいいといわれています。

 

その理由としては、税理士にもモチベーションというものがあり、解約すると告げられた後に社長目線で決算の準備ができる人はあまりいないとされているからです。

 

なのでタイミング的には税理士を変更すると決めたら、決算の前でも後でも変更する準備をするのがいいと考えられるのです。

 

タイミングはいつでもいいのですが、前の税理士に啖呵をきってすぐ解雇し、音信不通になるなどしてしまうと預けていた資料があった場合に気まずい雰囲気になってしまいます。

 

なのでもし変更するという場合にはなるべく穏便に物事を済ませるように心がけましょう。もし税理士を変更したいけどいいタイミングが見つからなくて困っているという人がいましたら、是非参考にしてみてください。

 

変更するときのマナーに気を付けることで、次の税理士とも気持ちよく仕事ができるはずです。

 

 

中小企業にとって良い税理士の見分け方

税理士を変更したい、タイミングや必要な準備、変えたい時に断る理由

中小企業にとって税理士に期待することは、やはり節税についてしっかり対応してくれる事でしょう。日ごろから節税を意識するのであれば、会社の経理状況は毎月、できれば毎日でも把握する事が重要です。

 

ところが税理士が毎月の訪問をしぶったり、経営者側からの問いかけに対してレスポンスが遅いようでは、あまり効果的な節税をしにくいです。

 

中小企業の経営者の中には、税理士とは年に1回、決算のときだけ会うという方も多いですが、できるだけ定期的に連絡が取れる税理士を選ぶと良いです。

 

また、自分の会社の業種に強いかどうかという事も、良い税理士を判断するうえで重要です。

 

 

税理士の得意な分野で選ぶ

医師などと同じく、税理士には得意な分野とそうでない分野があります。もちろん、何でもこなせる税理士が一番良いですが、探すのは至難です。

 

飲食業に強い、製造業に強い、海外取引に強い等、自分のニーズに合った知識を持っているか相談しましょう。
また、中小企業の同族会社であればなるべく相続税に強い税理士を選んでおきたいところです。

 

 

税理士の対応を見てで選ぶ

税務調査においての対応も税理士を判断するうえで重要なポイントです。

 

本来、税理士とは公正中立な立場であるべきですが、経営者側としては、自分よりの対応をしてくれる税理士を頼りたいものです。

 

税務署側との摩擦を恐れ、調査官の指摘に対し「分かりました」と素直に応じてしまう税理士もいます(指摘の内容にもよりますが)。税務署が指摘する事は絶対ではありません。根拠があれば反論できます。

 

その税理士の、過去の税務調査での否認・是認の実績なども予め確認しておくとよいでしょう。

 

 

税理士の料金で選ぶ

最後に、料金について明確な根拠を持っているかどうかという点もポイントです。

 

お付き合いを始める前など、税理士に料金を確認しても、具体的な金額を即答される事は少ないです。しかし経営者の側としては、税務申告が終わった後に法外な報酬を請求されるようでは、たまったものではありません。

 

具体的な料金を即答できないまでも、料金の形態や根拠などを説明してくれれば料金で後悔することは無いでしょう。サービス業として基本的なことではありますが、昔ながらの税理士事務所など、料金について明確に説明できる税理士は少ないです。

 

報酬について明確な説明ができるという事はそれだけサービス業としての意識も強いといえるでしょう。

 

ただし、節税ができる事が税理士の全てではありません。あえて利益を出したほうが良い時など、会社の状況に応じて最適なアドバイスをくれる点も注意すべきです。

 

 

税理士の見つけ方

税理士を変更したい、タイミングや必要な準備、変えたい時に断る理由

中小企業経営者の皆様はよく、節税対策のテクニックやノウハウなど言うものを聞くと思います。しかし、それらは法律に違反している「脱税」ではないでしょうか。また、税金を少額にしたいということだけに気をとられ、会社の資金繰りを無視した無駄遣いではないでしょうか。

 

「節税」とはあくまでも、法律の範囲内で無駄な税金を払わないようにする、ということです。この言葉の意味を正しく理解しないと、根本から間違った対策をしてしまいます。

 

その結果、資金繰りがショートしたり、税務署の調査で税金を余計に払う事態になったり、最悪の場合、刑罰が課されたりします。

 

良い税理士は、こうしたことを把握し、出費をしてでも税金が少なくなったほうがいいのか、出費を控え企業に力をつけるための税金であれば仕方ないのか、この両者のバランス感覚に優れていて的確な説明をしてくれるものです。

 

 

良い税理士を見つけるには

良い税理士を見つけるには、税理士にこうした説明を求めるなり、同業者からの話を聞くなりするといいでしょう。

 

  • 税理士が「節税」という意味がよくわかっている
  • 決算で税金が多額に発生しそうな時に企業のためになる資金の使い方を提案できる
  • そのために資金の流れを把握し説明してくれる
  • 脱税ではないことを説明してくれる

 

以上のようなことを知っていることが、中小企業の実態を良くわかっている税理士かどうかを判断する一つの判断材料になります。

 

 

会社にとって最も大事なこと

会社にとって最も大事なことは、資金を無駄遣いしないで利益を出し経営を安定させ、さらには従業員を守ることです。

 

そして、利益を出すためには当座の資金がなければなりません。ですから、事業活動に回す資金を税金対策に回すのは考え方が逆なのです。

 

資金がショートするようなら、資金を事業活動に回して多くの利益を出して、税金をきちんと払った方が良いのです。

 

特に、当座の資金が豊富でない場合、出費を伴う方法はむしろ逆効果になります。税金対策を考える上で、経営を守り、従業員を守ることで社会に貢献するという中小企業の役割を常に忘れないでください。

 

節税の方法は具体的には、

 

  • 未払費用を決算時に計上する
  • 資産の除却がなかったか再確認する
  • 不良債権が貸倒損失にならないか事実関係を整理する
  • 中古の減価償却資産の取得を検討する

 

などのほか、色々な方法があります。
これも、良い税理士であれば、決算前に提案してくれるはずです。

 

繰り返しになりますが、会社に最も大事なのは、資金を無駄遣いしないで、利益を出して経営を安定させ、従業員の生活を守ることです。
税金対策は、その手段でしかありません。

 

法律の範囲内で、できるだけ当座の資金を減らさず、正しい節税対策をしていただきたいと思います。

 

 

税理士を変更したい時に既存の税理士に断わる理由や説明

税理士を変更したい、タイミングや必要な準備、変えたい時に断る理由

中小企業は資本金が少ない上、キャッシュフローも非常に厳しいことが多く、少しのお金も無駄にできないことから節税に関しても非常に厳しく対策を行う必要があります。

 

経費について一つ一つ細かくチェックを行い、必要経費として申告できるものはきちんと申告する必要があり、そのために少ない資金の中から顧問税理士を雇い対策を行っている中小企業も少なくありません。

 

ところが、顧問税理士が成果をしっかりと上げてくれない場合も多く、この場合には税理士を変更したいと考える経営者も少なくありません。

 

だからといって、顧問税理士を変更するに当たって心配なことも多いものです。一方的に契約を打ち切って嫌がらせをされてしまったり、情報を漏らされてしまっては困ると考えることも多いものです。

 

又、顧問税理士の多くは知人の紹介であったり、サポートしてくれる人の紹介であったり、または会社を親から引き継いだ場合などは先代からの継続であったりすることも多いものです。

 

このような場合には単に断るといろいろな問題を生んでしまうと考える経営者も少なくないのです。

 

しかし、現代社会に於いては企業は非常に厳しい経済環境に於かれており、そのことを税理士側も良く分かっているため、単純に断ってもあまり大きな問題にはならないことが多いものです。

 

又、税理士にも倫理が有り、どの様な事情があっても取引先の機密を口外することは倫理に反するので、そのようなことをする税理士は信用されなくなり、自ら仕事を失うことになります。

 

 

断った後の関係も考慮する

但し古い付き合いの場合には断った後も友好関係を保ちたいものです。その場合には、色々な理由を付けて断るのが最もスムーズです。

 

一般的には、親戚が税理士の資格を取ったのでやらせてみたい、といった理由や、取引先から指定が有り、やむなく断らざるを得ないといった言い訳を用意するのが効果的です。

 

或いは、社員で税理士の資格を取得した物がいるので、社内で行うようにしたというのも一つの方法です。

 

重要な事は、決して温情に流されずにきっぱりと断ることが大切です。成果をしっかりと出せていない税理士を顧問として雇い続けることは、企業にとっても大きなマイナスとなります。

 

効果的な節税を行う為にも、税理士に問題が有ると感じたら、税理士を変えることを検討するのが大切です。

 

契約を解除した際には、税理士に預けていた資料をしっかりと返却してもらうことが大切です。さらに、契約内容にトラブルが発生しないように、断る際にもきちんと契約に従って断ることが大切です。

 

 

中小企業の税理士費用の相場

税理士を変更したい、タイミングや必要な準備、変えたい時に断る理由

中小企業や自営業者は雇用者と比較すると税金納入など様々な面において恵まれています。

 

しかし個人事業者が税金の面で優遇されていると一般的にいわれているのに対して、中小企業や自営業者は節税対策をちゃんとしないと納税が大変になるということがいわれています。

 

節税対策をするということは自分の会社の経営についてすべて把握しておかなくていけません。経営者にとってその作業はかなりの重労働になりますし、経営者だからといって正確に把握できるかというとそういうわけでもありません。

 

なのでそのような場合に、税理士に頼むのが進められています。自分の会社に合った税理士を選ぶのは大変な作業かもしれませんが経理を自分でやる作業を考えるとそうでもありません。

 

 

税理士の依頼料

税理士の依頼料というものはその会社の売り上げによって異なってきます。というのも税理士は基本的に売上高による報酬を基準に依頼を受けるからです。その理由としては売り上げが増えれば取引の数も増えるからです。

 

しかし最近では、作業量による報酬を基準にするという税理士の会社も出てきていて、この報酬方法もメジャーなものになりつつあります。たとえば法人の場合だったら、1000万円未満の売り上げで毎月2万5000円から依頼することができるということです。

 

もちろんこれは相場ですし、会社によって値段も違います。作業による報酬基準で定めている税理士の会社では、

 

  • 税理士の仕事である訪問をするだけで5,000~10,000円、
  • 記帳代行で毎月5,000~10,000円、
  • 給与計算で一人当たり1,000円

 

といった計算方法になります。またほかにも

 

  • 決算申告
  • 確定申告
  • 年末調整
  • 消費税申告

 

といった年末の申告書類も担当してくれることもありますが、この作業は値段が少々高くなっています。しかし中小企業では税金納入で失敗するよりも税理士に任せて確実にやるほうがいいと考える経営者もいるはずです。

 

報酬が高いと思った人がいたら、報酬を削減するアドバイスをくれる専門サイトもありますので、そちらを検索してみてもいいのではないでしょうか。

 

そういった相談サイトでは、専門の知識を持ったコーディネーターがアドバイスをしてくれるので今後の節税対策をする上でも参考になるはずです。

 

無料で何回も相談が可能ということですので是非探して相談してみるのがいいでしょう。もし税理士を依頼したいけど費用が高くて困っているという人がいたら、是非参考にしてみてください。

 

 

税理士を変更する際に必要なこと

税理士を変更したい、タイミングや必要な準備、変えたい時に断る理由

中小企業を経営して行くうえで、税理士を変更することはままあります。そのためには、「変更する際に必要なこと」を頭に入れておく必要があります。

 

 

一つ目は「契約内容を確認する」

税理士を変更するということは、現在の顧問契約を解除するということです。解除の手続きは、できる限り円滑に進めなくてはなりません。

 

最も注意が必要なのは、「契約内容の確認」「資料の返却」の2点です。税理士との契約では「解約条項」がたいてい定められています。

 

「解約する際は〇ヵ月前までに申し出ないと、それまでの月の分の報酬を支払わなければならない」などとなっていると、いたずらに期間を延長しなければならなくなります。

 

また、領収書などの資料は、本来会社が保管しておくべき物なので、必ず全部返してもらいましょう。

 

 

二つ目は、「次の候補を選定する」

今の税理士との契約を解除しても、経理業務は発生します。次が見付かるまでは自社で処理するしかありませんが、「もし税理士にチェックしてもらっていれば、かなり節税できた」というケースも少なくありません。

 

特に、決算期を過ぎてしまうと、打てる手はほぼなくなってしまいます。ですから、今の契約を解除する前に、次の候補を探しておく必要があります。

 

 

三つ目は、「ニーズを明確にしておく」

まず明確にすべきは「予算」です。予算が明確になれば、候補を選定しやすくなります。

 

もし明確にするのが難しい場合でも、「今より安い税理士にしたい」「少し高くなっても、サービスの充実した税理士にしたい」などある程度の方向性を決めておけば、それほど迷わなくて済みます。

 

また、「業務内容」も明確にしておくべきです。「毎月、打ち合わせを行うのか」「記帳代行も依頼するのか」「担当者と、どのような形で打ち合わせを行うのか」などの点は、税理士の報酬にも影響を及ぼします。

 

 

四つ目は、「何人かをピックアップする」

「一人の税理士の話を聞いてみて、条件がよければ契約する」というやり方も、時間の節約という面からはよいのですが、何人かを比較したほうが、納得度は上がります。

 

「他の税理士のほうがよかったのでは」などとならないよう、しっかり比較しましょう。

 

また、第三者の意見を聞くのも有効です。実際に契約している人の評価は、非常に信憑性が高いデータです。これらを行ったうえで次の税理士が決まったら、契約内容をしっかり確認します。

 

「意図した契約内容と違う」と気付いても、後から変更するのはかなりの困難が伴います。