中小企業の節税対策に強い税理士と無料相談お薦めの会計事務所を紹介

MENU

確定申告とは?

毎年確定申告の季節になると、期限までに申告をするように国税庁からのお知らせが頻繁にありますよね。では確定申告とは何か、どうやって確定申告をするのか、知っておくと得するポイントについてご紹介したいと思います。

 

<確定申告とはなに?>

 

確定申告とはなに?

確定申告は、1月1日から12月31日までの所得の金額を計算して申告する手続きの事です。

 

収入によりそれぞれ異なる所得税と復興特別所得税の金額を計算して申告をすることが目的になっています。

 

これは申告納税とも呼ばれていますが、毎年確定申告の期間は2月16日から3月15日まの間で、管轄の税務署に申告書を提出します。

 

また確定申告には所得税の再計算をして、払いすぎた税金の還付をしてもらう還付申告の手続きがあります。収入から控除されるものとしては、医療費控除、住宅ローンの控除などがあります。

 

還付申告は翌年の1月1日から5年間有効となっています。確定申告で所得として認められるものは、利子所得、配当所得、給与所得、譲渡所得など全部で10種類に分けることができます。

 

それぞれの収入を計算して税金の額を算出し、納税額を申告しましょう。しかしサラリーマンなどの給与所得者は確定申告は勤務先の企業で行う為に、自分で税務署に申告する必要はりません。しかし譲渡や山林所得などがある場合は確定申告が必要になることもありますので注意してくださいね。

 

<はじめての人でもわかる確定申告のやり方について>

確定申告とは簡単に言ってしまうと、払いすぎた税金の精算をする手続きのことです。手続きは複雑なイメージがありますが、最近ではオンラインでの申告もできるようになりましたので、自分で確定申告をする人の数は増えています。

 

確定申告を始める前にまず必要なことは、申告書の種類を把握しておく事です。確定申告は全部で3種類の申告書があり給与所得、不動産所得、株の譲渡など、自分の所得にあった申告書を使いましょう。控除される医療費、寄付金、住宅ローンがある場合は別途記入を忘れないでくださいね。

 

収入金額、所得金額を記入した後、所得から差し引かれる金額を記入します。生命保険料控除、配偶者控除、扶養控除、基礎控除などがあります。最後に税金の計算をして完成した申告書は提出期限内に税務署に提出します。

 

税金の支払は申告所得税の納付書をもらって3月16日までに納付する事が基本です。確定申告がはじめての方には、申告時期になるとセミナーや相談会も色々な場所で開催されていますのでぜひ参考にしてみましょう。