事業継承のポイント

MENU

事業継承のポイント

事業継承のポイント

 

事業継承のポイント

高齢化社会の中で、会社の経営者の平均年齢も60歳を越えました。

 

年々中小企業の経営者が高齢化する中で、後継者の確保が難しく廃業に追い込まれる企業も少なくありません

 

この問題を解決するために、事業継承のポイントをお教えします。

 

 

親族に継承する

 

・経営者の子息や子女に継承するというのは、もっとも多い事業継承のパターンです。しかし、親族への継承は簡単にいかないというのも現実です。

 

・「会社に右肩上がりの成長が見込めない」「少子化」などの原因もありますが、多額の相続税がかかって、親族が継承することを拒否する場合も多くなっています。

 

・親族間で事業継承する際には、継がせる側と継ぐ側の意思疎通が重要になってきます。経営が厳しい会社を継がせたり、親族だというだけで能力的に不足している人物に継がせて、経営が悪化し責任を取らせられるなどの、「不幸な継承」は避けなければなりません。

 

 

従業員に継承する

 

・親族以外での継承で代表的なものは、「従業員への継承」「社外の有能な人材の招聘」の2つがあります。

 

・社員に事業を継承するにあたっては、社内での継承候補者の絞込みと選定が必要になってきます。さらに、公平を期するためにも選定の基準は明確化しなければなりません。

 

・さらに、継承者を選定したあとは、経営者にふさわしい人物にするために教育する必要もあります。継承者は会社の経営について深く考え、会社や社員と向き合う人物でなければなりません。

 

・社外から人物を選んで招聘する場合には、事業存続を第一に考えなければなりません。会社も社員という人間によって運営されています。能力があるというだけの社外から来た人を、快く思わない社員も出てくる可能性があります。

 

しかし事業のスムーズな継承のためには、感情的なことは脇に置いておくことも大切です。最終的には社員みんなの賛同と協力を得られることが、継承を行ううえでの重要なポイントになります。

 

 

M&Aで継承する

 

・M&A(エムアンドエー)とは、Mergers(合併)とAcquisitions(買収)の頭文字を使った用語です。M&Aは、 事業継承の方法として年々増加しています。

 

・身近に事業を継承させる社員がいない。社員を教育している時間がない。人材を招聘してくるようなノウハウがない。身内に事業の継承を断られた・・・などなど、事業継承をする相手がいない経営者が増えているためといえます。

 

M&Aはいわば企業の譲渡です。 M&Aによってより企業力のある会社に吸収合併されたり買収されれば事業は継続していくことになり、社員の雇用も保証されることになります。