試算表の作成方法(作り方)

MENU

試算表の作成方法(作り方)

試算表の作成方法(作り方)

 

試算表の作成方法

会社を経営するにあたって、試算表でお金の出入りをチェックすることは欠かしてはいけない作業です。

 

試算表はお金が貸方と借方に分けられ、合計や残高が一致するのでお金の管理上のミスが発見しやすくなります。

 

簡単な試算表の作成方法をご案内します。

 

 

試算表とは何か?

 

試算表とは、会社の経営状態をチェックするために作成する表のことです。試算表は、貸方の合計金額と借方の合計金額が同じになるので、記載の間違いをすぐに見つけることができます。

 

・勘定科目ごとにまとめて、取引をした日時や金額などを理由ごとに分けて整理することができるので、会社の経営状態を正確に把握する事ができます。

 

・試算表には、勘定科目ごとに貸方合計と借方合計の金額をまとめた「合計試算表」と、勘定科目ごとに残高を合計した「残高試算表」、合計試算表と残高試算表をまとめた「合計残高試算表」の3つの種類があります。

 

 

3つの試算表の作成方法

 

・合計試算表

 

総勘定元帳をもとに、貸方の合計金額と借方の合計金額をまとめて記載します。貸方と借方の合計は、1会計期間の取引の合計総額を表しています。合計試算表の作り方は、まず総勘定元帳の勘定科目における貸方と借方の合計金額を算出し、その後、各勘定科目の合計を総勘定元帳の番号の順に記載します。

 

・残高試算表

 

残高試算表は、各勘定科目ごとの残高をまとめた一覧表のことです。貸方と借方の合計は、1会計期間の取引の残高総額を指しています。作成方法は、総勘定元帳の各勘定科目の貸方と借方の合計を算出します。貸方と借方の合計金額を比べて大きい金額から小さい金額を引いた残高を、勘定科目の番号順に記入していきます。現金、当座預金、売掛金の順に残高を記載します。

 

・合計残高試算表

 

合計試算表と残高試算表をまとめたものが合計残高試算表です。合計試算表で取引の総額を把握し、残高試算表で会社の損益状態を把握します。

 

 

試算表の意味

 

試算表でチェックをすることは、貸借の合計金額を記入するときにミスをしていないか調べる意味があります。帳簿が間違いなく記載されていれば試算表を作成する必要はないように思えますが、企業の取引は金額も量も大きいためどうしてもミスをしがちです。

 

・会計期間が終る決算の時期に試算表でチェックして、金額に誤差が無ければ期間中の帳簿の記載が正確だったことがわかります。

 

・試算表は1ヶ月単位や1週間単位、もしくは1日単位で記載することができます。決算の時に慌てて1年分の試算表を記載するのではなく、決算前に定期的に試算表を作ってチェックするのがよいでしょう。