中小企業の節税対策に強い税理士と無料相談お薦めの会計事務所を紹介

MENU

中小企業の税務調査に強い税理士

中小企業に限らず、気になるのが税務調査です。

税務調査記事一覧

税務調査とは会社が毎年行っている税務申告に対する税務署の調査です。日本では所得税や法人税については申告納税制度を採用しています。つまり税金は納税者が税務署に申告して税額を確定させています。この申告が正しく行われているかどうかを調査するものが税務調査なのです。税務調査と聞くと『マルサ』という言葉が浮かびます。このマルサとは国税局査察部のことです。中小企業については基本的に管轄する税務署が税務調査に入...

企業において適正な会計処理をおこなったつもりでそれに基づき税務申告をしたとしても、税務署サイドのとの経費処理などの会計処理の見解の相違や税務通達の解釈の相違もしくは読み違いで税務調査が及ぶことがあります。この税務調査の非常に厄介なところは、その調査内容について税務署に対して明確な抗弁ができないと、税務署サイドによって徴税しやすい解釈を取られて、故意では悪質ではないので修正申告ですめばいいほうですが...

税務調査といえば漠然と法人のイメージがあり、個人事業主にはあまり関係のないことだと考えている方が多いかもしれません。しかし法人ではなくても税務調査の対象になることはありえます。税務調査の目的は、適正かつ公平な課税を実現していることで、所得が大きければ大きいほど課税しなければいけない金額も異なってきます。また所得の申請に不備が感じられる場合に調査が入ることが多いようです。ここで注意が必要なことは、所...

個人事業主にとって、確定申告のこととか、決算処理のことは、かなり頭の痛いことです。いまは会計ソフトがかなり優秀になっていますので、自分だけでできるといえますが、経理の知識のない人がそういうソフトを使うときに、悩みがなくすらすらとできるということはないからです。その場合は税務署にいって確認をしたり、経理の知識のある人に教えてもらいながらやる場合が多いです。個人事業主の会社に税務調査が入る確率というの...

企業や個人事業主には税務調査が入ることがあります。その理由は、税金を確実に徴収することです。そうすることで、政府の財源の確保と、納税者間の公平を担保しています。企業は毎年決算を行って、決算月の2ヶ月後に税務署や市役所などに書類を提出します。そして税額を確定させて税務署や市役所などに納めることになります。個人事業主に関しては、確定申告の際に1年間の所得を計算して、そこから所得税の税額が算出されます。...

税務調査は税を納める義務があるのにもかかわらず納めていなかったり、申告漏れがありそうな人に対して行われる調査です。国税通則法に基づいて税務職員に対しては質問権が施されており、税務職員はこの権限に基づいて申告書の内容について質問したり、証拠書類の提示を求めることができます。税務調査の結果、申告漏れがあった場合は正しい税額にもとづいた金額を納付するだけでなく、高額の課徴金も課されますので申告漏れには注...

税務署では、相続税の申告書が提出された場合、その申告書の内容が正しいものかどうかについて検証します。不動産については、市区町村役場からの固定資産税評価額通知によって、申告漏れがないかをチェックします。相続した財産の申告漏れで最も多いのが、預貯金などの金融資産です。そのため、税務署は銀行や証券会社などの金融機関に申告漏れがないか照会を行います。残高証明書や入出金がわかる明細書は、相続した人の口座だけ...

相続税の税務調査は、およそ3割の人が対象となっているようです。確率で言うなら、およそ30%ということになります。そもそも、相続税の対象になる人は全人口の5%もいないと言われています。相続税では、相続人の数に応じて高額な控除が受けられます。相続人が1人なら3600万円、2人なら4200万円もの控除が受けられます。相続人が2人として、4200万円を超える財産を相続する人というのはかなり限られています。...

個人事業主に税務調査が入るのは1000万円以上の所得がある場合などと噂になっていますが、近年では所得の金額に関係なく行われることが多くなっています。任意調査は事前に日にちの連絡が来るので、必要なものは整理整頓してまとめておく必要があり、税理士や公認会計士などを頼んでいる人は当日に立会いしてもらえるように依頼しておくと良いです。税務署職員のふりをして訪れてくる人もいるので、身分証の提示は必ず求め、事...

税務調査は、適正かつ公平な課税を実現するためにありますので、本来ならば所得に関係なく不明瞭な部分がある個人事業主に対しては行われるはずです。しかし、税務署も忙しいので、「年収1000万円以上」といったように所得の大きい個人事業主から優先的に行われていく傾向があるようです。しかし、これは1つの傾向であり、所得が大きくなくても税務調査が行われることがあるので注意が必要です。水商売、建設業、IT関係など...

税務調査官とは、国税局や税務署の職員で、定期的に適正な税務処理が行われているかどうかを、その企業に直接出向いて調査します。調査に行う前に、税務調査官は準備調査として、税務申告書に記載されているバランスシートや損益計算書の項目を前の年の値と比べてみます。前の年と比べて激しく増えたり、減ったりしている項目がないかどうかを調査します。そして、売上総利益率が著しく変動しているかどうかをチェックして、現場で...

家計をやりくりしていて、いつも問題となってくるのが税金となります。一般のサラリーマン家庭では確定申告をする人が少ないのですが、最近ではふるさと納税などの制度が浸透してきており、確定申告をする人が増えてきました。そこで、最近では自分の家庭でも確定申告をしていくのですが、一般家庭では給与所得のみの人が多く、事業所得を得ている人は少ないので、ほとんど白色申告となります。青色申告の場合は、税金の優遇措置も...

反面調査とは税務調査で行われる手法のひとつで、調査対象者の取引先や銀行など、税務に関わる相手先に調査を入れることを指します。本来であれば帳簿などの調査だけで済むものですが、資金の出所が不明なものや収益が帳簿と合っていないなど、お金の動きの実態が掴めない場合に行われる調査です。調査方法としては文書による照会、電話連絡による照会、相手先に出向くなどを行い、場合によっては調査対象者だけでなく、その関係者...

パチンコ借金は免責不許可事由、つまり自己破産で処理できない可能性があります。その場合は、任意整理や個人再生によって整理することになるでしょう。いずれにせよ、自力でパチンコ借金を返済できない状況なら、今すぐに弁護士に相談をするべきです。相談をせず放置しておいて、借金が減ることはなく、むしろ利息の分だけ増えていきます。増えた借金はより整理が難しくなり、解決法を減らすことでもあります。個人再生が必要にな...

借金を抱えてしまった人によくある例がギャンブルが原因によるものです。その中でも、特に多いと言えるのがパチンコ借金です。パチンコは、ほどほどに楽しむ程度であれば良いのですが、のめり込んでしまうと依存症になってしまう危険性もあります。パチンコ依存症になってしまうと、パチンコを打たずには居られない症状になり、見境なく金融機関や友人から借金をしてでもパチンコを打ちたいという衝動に駆られてしまいます。自分を...

不確定な勝率を信じることによってパチンコ借金するまでの事態に直面すると、結局は返済できなくなり厳しい催告が始まりを告げます。激しく光り輝く筐体を前にすると自制心を失うあまりに、労働によって得た収入を安易に投入することになります。一時的に強い精神を維持するように努めても、過去に一度でもパチンコ借金に陥る前に大金を手にした経験があるなら意気込みが脆くも崩れ落ちかねません。債権者へ支払う利息すら工面でき...

パチンコは常に勝ち続けるのは難しい遊戯であり、負けてしまうのがパチンコ借金の主な原因です。一度経験したものはなかなか忘れることができないのが人間です。以前経験した大当たりからの大勝を覚えていますので、また同じことが起きる可能性があることを信じて打ち続けます。また負けていてそこから取り戻すような経験をしたときは、その想い出にすがってまた同じことが起きる可能性があると信じて打ち続けてしまいます。その過...

パチンコ依存症とは、ギャンブル依存症のひとつです。ギャンブル依存症の診断名は、病的賭博と言います。経済的にも社会的にも精神的にも問題があるのに、パチンコやスロットなどのギャンブルを止めることができない状態です。ギャンブル依存症の人は、多くの場合、自分の欲求をコントロールすることができません。消費者金融やヤミ金融から借金をして、職を失い、家族と疎遠になる人も多いです。また、うつ病などの精神的な病を抱...

根本的なパチンコ依存症の治療方法は、お店に行かないことです。パチンコが好きであれば、現在はインターネットが普及していますので、いろんな動画を楽しめる環境になっていますし、パソコンやタブレット機を使って遊戯をすることも可能になっています。そのような方法でパチンコを楽しみながら、パチンコ店に行かないような工夫をすることが大切です。またパチンコ以外の趣味を持つことも良いです。いかに無駄な時間を過ごしてき...

主婦が借金をするケースが増えているようですが、そしてその原因がパチンコの場合が少なくありません。パチンコによって主婦が借金を作ることが増えている理由に、主婦は自由な時間が比較的多く、そしてパチンコには依存性があるからです。専業主婦の場合ですとある程度の用事を済ませれば日中に時間が空いてしまうことがありますが、その際に時間潰しとしてパチンコを遊戯するケースがあります。はじめは買っても負けてもある程度...

パチンコに熱中しすぎて、仕事や家庭生活などのその他のことが疎かになってしまう人が近年増えていて、パチンコ依存症は深刻な社会問題にまでなっています。そういった人は男性に多いかのようなイメージを持たれがちですが、実は女性、さらに主婦の間でも増えているのです。遊ぶお金を家計から捻出できている間はまだましで、サラ金などから借金を重ねたり、窃盗や売春などの犯罪に走ってしまったりなど、パチンコ依存症は家庭崩壊...